Crittermask クリッタマスク

NPO法人生態教育センター『お庭のエコロジー館』

愛地球博・地球市民村

2005年

 

パビリオン入場の際に身につける16種類の生き物のお面をデザイン。入場者はそのお面をつけ、16種類のいずれかの生き物になってパビリオンを体感します。ただのA4サイズの紙がそのままお面として頭にかぶれるところがミソ。「A4mask_A4サイズが、ヒトの顔を覆うのに調度良いことを活かしたsetoのオリジナルお面キット」の最初のモデルです。

 

日常から非日常へといざなう「面(mask)」。ニホンイタチ、イシガメ、ベニシジミ、アキアカネ.....、身近にいながら自然の現象でいつのまにか絶滅の危険にさらされている生き物たちを題材に、民族的な「面」の要素を取り入れました。

 

*参考作品