Mino case for NIKE ミノケース

ナイキジャパン『RECONSTRUCT展』

NIKE AD21

2002年

 

ナイキジャパンが主催した『RECONSTRUCT展』は、既製のナイキ製品をバラバラにして再構築するというもの。一度壊して、その先に見えるものとは?

 

ナイキ製品のファブリック部分をバラバラにし、つなぎ合わせて、マネキンとバッグを構成。モチーフは冬支度をする「ミノムシ」。

自分の周りのあらゆるものを使用し、それらをランダムに重ね合わせ(縫い合わせて)て、外部から身を守るプロテクターを再構築(RECONSTRUCT)するミノムシ。その生態を参考に、単独では機能しなくなったバラバラの破片を拾い集めて、新しい価値を生み出しました。

 

当時、雑誌Relaxに掲載されたこの写真、ミノケースを着ているのは、実はあのスタイリスト長谷川昭雄さんです。

 

*販売終了